ブログ

メルマガ登録

イベントカレンダー

サイトカレンダをスキップ

2018年 12月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

これからのセミナー

-

Facebook

Twitter


ところで、どなたでしたっけ?

一日に100〜200通のメールを受信していますが、
本当に色々なメールがありますね。

今日は誰だかわからない方からの返信メールが。。。

名前も署名も引用文も無いので、当然ながら誰だかわからず。
アドレスを確認してみると、登録のないアドレス。
しかしわたしのことは良く知ってるような内容です。

よくよく調べてみるとご自分のの別のアドレスに転送したアドレスから送られたものでした。

これだけで何分かかりましたでしょうか…

もしいつもと違うアドレスで送信したとしても、
最初に自分の名前を入れるだけで、相手に迷惑をかけずにすみますよね。

頻繁に使う文章は、テンプレートなどにして保存しておくと、
ケアレスミスをなくすことが出来ます。

みなさん、最初に自分の名前は名乗りましょう!

 

  • 2009年12月 4日(金) 18:03 JST
  • 閲覧件数
    7,082

メール届いてますか?

弊社はビジネスメールセミナーの開催以外に、印刷全般、Web制作、
グラフィックデザイン、ビデオ制作など、色々手がけています。

現在は、ビジネスメール・インストラクターとしての活動に
一番力をいれています。

 

創業は大正10年の活版印刷所で、印刷業を中心に長く営業してきましたが、
数年前に、これからの仕事の中心を、
デザインやインターネット関係のソフト面に置くことに決め、
思い切って印刷機を手放しました。

ですので、現在は印刷工程は外注です。

ただ、カラープリンターやカラーコピーはありますので、
名刺、ハガキは自社でオンデマンドしています。

ここ数年は、年賀ハガキの注文も激減しておりますが、
それでも昔からのなじみのお客様が毎年注文してくださいます。
ありがたいことです。

同時にこの時期は、喪中はがきのご注文も入ります。

昨日印刷しようと調べたら、ハガキの在庫がないのに気がつきました。

いつものように業者さんに電話で発注しようとしましたが、
たまたまメールアドレスを発見したので、

「そうそう、メールで注文した方が履歴が残るしいいよね。」

ということで、早速用件を書き込んで送信しました。

文章の最後に

「内容をご確認いただきましたら、返信メールをお送りください。」

と付ける念の入れよう。
さすがビジネスメール・インストラクター!

ま、通常はこの文章を付けなくても、業者さんであれば、

「ご注文ありがとうございます。」

くらいの返信メールはくるものです。

 

ところが、今日になってもメールは届きません。

おかしいなあ〜と思い、電話をかけると、

 

「はい、担当者が持ってすでに出ております。」
「メールは見てくださったんですね?」
「はい、見ました。」
「返信メールがこなかったもので。。。」
「ご安心ください。ちゃんと届いておりますので!」

 

オイオイ。。。

 

この会社の社員さんに、ビジネスメール・コミュニケーション講座
受けて頂きたいと、切に願う今日この頃です。

ここで一句。

返信が ないと着信 わからない

メールをもらったら、必ず返信メールを!

 

  • 2009年12月 2日(水) 17:33 JST
  • 閲覧件数
    7,804

ビジネスマンのメール作法とは?

アイ・コミュニケーションの平野友朗さんがプレジデントに書いた記事がネットのニュースに流れていました。

さすがわかりやすい内容ですね!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091128-00000001-president-bus_all

「KYメール度」チェックシート。

みなさんはいくつチェックが入りましたか?

 

 

  • 2009年11月30日(月) 21:58 JST
  • 閲覧件数
    7,867

メルマガ登録

メディアの達人・秘密のメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

プロフィール

ビジネスメール・インストラクター水越浩幸

Facebook